TOP

「今月の言葉〜みちしるべ〜」

失敗しない人は立派。

失敗より立ち上がる人は、なお立派。


法座の中止について

昨年の3月より感染症拡大により法座行事を中止とさせていただいています。

未だ収束が見えない中、さらには大人数が集まる中で十分な感染症対策が図れないことから、現段階では今年の法座行事も引き続き中止とさせていただきます。

しかし浄土真宗の要は「お聴聞」と言われるほど、法座は私たちが欠かすことの出来ない、代々受け継いできた大事な文化です。

感染症収束や対策が図れることようになった段階で、再開をし、また皆さんと「お聴聞」させていただきたいと考えております。ご理解のほど宜しくお願いします。

尚、月参りやご法事、お葬儀などは感染症対策を取り、お勤めさせていただいております。





浄土真宗本願寺派 梵行山 専法寺

-住 職- 梵 照英  -副住職- 梵 大英

〒728-0021 広島県三次市三次町1191    電話/FAX(0824)62-3596  info@senpouji.jp


◯副住職への講師、講演依頼

・浄土真宗の寺院、企業、各種団体様などへお伺いします。

副住職のページをご覧ください。


◯団体参拝についてのお知らせ

・各団体でのご参拝は一ヶ月前までにお申込み下さい。

・中型〜大型バスは境内駐車が出来ません。


◯御朱印について

浄土真宗では御朱印はありませんが、専法寺ではご参拝記念として記帳させていただきます。ただし、法務中などの場合、お断りさせていただきますのでご了承くださいませ。


◯お墓じまいのご相談

お墓は各ご家庭にとって、命を省みて感謝する大事な場所です。しかし、後継ぎの問題、引っ越してなかなかお参りに行けないなど、お悩みを持たれている方も多くいらっしゃいます。専法寺では、現在のお墓を閉じる、移転する際のご相談をお受けしています。


Share