あらせのせんせい

あらせのせんせい

捻挫、骨折、擦り傷、腰痛、頭痛、風邪、インフルエンザ、皮膚炎、腹痛、盲腸。

日常かかりうる病気や症状。

治療したいという事もさることながら、

「先生に診てもらいたい。」という願望の方が強かったせいでしょう、

私たち家族もそうですが、専法寺界隈の皆さんはとにかく通ったのが荒瀬外科。

本来外科なのに。。。

 

荒瀬の先生は地域にとっては欠かせない存在でした。

 

口は悪いけどどこか愛嬌がある。

カープが負けると機嫌がすこぶる悪い。

お酒を飲むとそれが普段にも増して活気付く。

偉ぶることなく、常に大観されていた荒瀬の先生。

 

梵英心三次後援会の会長として、先陣を切って応援してくださり、

カープを退団し、新たな道を目指すことを決めた時、

ご自宅で英心本人からその報告を聞いた荒瀬の先生は、

寂しげな表情を浮かべながらも、

明るく背中を押して下さいました。

 

最近お身体の調子が思わしくないことはお聞きしておりましたが、

昨日お浄土へ旅立たれました。

 

本日お通夜に参列させていただき、お別れをさせていただくと共に、

改めて感謝を申し上げさせていただきました。

 

地域にとって必要な人。

そんな見本となるような荒瀬の先生。

そのお姿を地域でお見受けすることは出来なくなりましたが、

この先の三次町をお浄土からしっかりとご覧いただき、

またお会いした時に、「よ〜がんばった!」と言っていただけるよう、

私も精進いたします。

 

いつか撮った荒瀬の先生。

ドラム最高でした。

有難うございました。

 

南無阿弥陀仏。

Share