由縁

由縁

広島安芸地方、浄土真宗のお盆といえば、紙灯篭。

お盆期間、お墓に飾り、みんなで手を合わせる。

色鮮やかで心豊かな風習です。

三次は備後地方ですが、浅野家の縁で安芸地方の風習が色濃いので、この紙灯篭もあります。スーパーやホームセンターではずらりとこの紙灯篭が並んでいます。

現在の広島市中区紙屋町、元々は、江戸時代、紙屋さんが多かったそうです。

そこで紙屋を営んでいたご夫妻が、若くして亡くなった自分たちの子どもを想い、作った紙灯篭にまつわるお話が由縁です。

大切な人を想い過ごす期間がお盆で、私の由縁を考えてみる時間。

私に命を繋げてくださった方にも、私も会ったことない何世代か前の誰かにも。

「お盆休み」

宗教行事が由縁となって、お休みになっています。

バカンスではなく、心の休息を。

Share