経済をまわす

経済をまわす

「新型コロナウィルス」という文字を何回打ったことでしょう。

最初はそれを聞くことも、読むことも、言うことも、書くことも慣れませんでしたが、今ではさらさらと。

いつの間にか慣れ、それを使わない日々はないでしょう。

「感染症拡大防止」という言葉とともに、

「経済をまわす」という言葉も両輪のように使い慣れていませんか?

命がなくては経済活動はできず、

経済活動がなくては命を育むことができません。

両者ともに大事なのは十分わかり切っているものの、

「経済をまわす」という言葉、

その一言で全てを屈服させる魔法のような強さがあります。

今、まさに大事にして行きたいのは、「経済」という言葉の意味。

「経世済民」

経済の「経」は、治めるという意味があります。

お経の「経」と一緒です。

お経もお釈迦様のみ教えが治められています。

「経世済民」の「経世」とは、世を治めるという意味があります。

仏様は私たちを見放さず必ず救う、この救うは、仏教では「済う」という漢字になります。

「経世済民」の「済民」とは、人々を救うという意味があります。

「経世済民」とは、

「国、世の中を治め、生きとし生ける全ての命を救う」ということ。

巡り巡って、周りまわって、誰しもの命は繋がりあっています。

「経済をまわす」とは、

「お互いで助け合う」という事が本来の意味なのではないでしょうか?

お金をまわす事も大事、地域にお金を落とすことも大事です。

しかし、それ以上に大事なことは、命を助け合う事。

今は我慢の時。

目先の経済ではなく、広く大きな視点に立った経済を心がけたいと思います。

Share